mariaDBのインストール

サーバー運用がかなり厳しいので寄付をしてくれる人がいたらこちら
メインPCもボロボロになってきたので、ついにほしいものリスト公開

とりあえずパッケージで入れた後にToo many connectionみたいなエラーで接続ができなくなる問題があるので
以下の手順で解決

# mkdir /etc/systemd/system/mariadb.service.d
# vi /etc/systemd/system/mariadb.service.d/limits.conf
[Service]
# ulmit -n のサイズ
LimitNOFILE=1048499

ここは移行終わったら書き始めますよ。

とりあえずMySQLが某オラクルに買収された後にメインデベロッパたちがぷんすかしてフォークさせたのがmariaDBらしい。
mariaDBと名付けられてるけどコンパイルしてインストールしたら普通にmysqlだったという残念な結果に

http://mariadb.org/

そして我が家もついにMariaDB 5.5系を使うことにしましたよ
5.5系からはcmakeを使ってコンパイルする必要があるので、先にインストールしておきましょう。
また、デフォルトでDBの場所が変わるので5.2系からのアップデートの場合は注意が必要です
5.2系 /usr/local/mysql/var
5.5系 /usr/local/mysql/data

yum -y install cmake

インストール

cd /usr/local/src
wget http://downloads.mariadb.org/interstitial/mariadb-5.5.25/kvm-tarbake-jaunty-x86/mariadb-5.5.25.tar.gz/from/http://ftp.yz.yamagata-u.ac.jp/pub/dbms/mariadb
tar zxfv mariadb-5.5.25.tar.gz
cd mariadb-5.5.25
# ./configure --helpの代わりとなるコマンド
cmake -LAH
 
# 5.2系と同じところにDBをしたい場合はこんな感じ ↑のコマンドで出たやつの前に-Dを入れる
cmake -DMYSQL_DATADIR=/usr/local/mysql/var
 
make
make install
Tags: 

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
また変更しました
Fill in the blank.