Cactiで状態監視

サーバー運用がかなり厳しいので寄付をしてくれる人がいたらこちら
メインPCもボロボロになってきたので、ついにほしいものリスト公開

HP: http://www.cacti.net/

いつの間にか1.0.4になってたので、ソースを少しだけ見てましたがちゃんとローカライズされテルっぽいですね。(日本語の精度はうちとどっこいくらい?)
ということはもうこのページもいらなくなったということで、この日本語化も終焉の時ですな。

久しぶりに0.8.8gが出たのでi18nパッチを適用したRPMとcacti-spineのRPMの作成が終わりましたよ。
例のごとくyumでインストール可能になってますので、rpmで入れるかsrcrpmを展開して
個別にパッチするかはおまかせですよ
ももーい鯖れぽじとり

日本語化はかなり適当です。
ただし、ももーい鯖が生きててももーいさんのやる気がある限り、
リリース後1週間以内には日本語化rpmを出せるようにがんがります。
1.0.0が出たらこの日本語化は消えうせるかもしれません。
0.8.8でPAが統合されたっぽいのでついでにプラグインもrpmにしてみますか
ついでに動作未確認ですがcacti-spineとcactiのプラグイン(ユーザプラグイン除く)もrpm化しましたよ
とりあえずRelease2ではプラグインも日本語化させてみますかね(結構面倒というか大変なので、プラグインは放置)

エラーが出た場合はどのファイルのどの行でエラーが出たかを
コメントにでも残しておいてもらえると
すぐに修正されるかもしれません。

サンプルサイトは現在停止中です。

事前準備

/usr/local/mysql/bin/mysql -u root -p
Enter password:
mysql> grant all privileges on cacti.* to cactiuser@localhost identified by 'password';
Query OK, 0 rows affected ....
mysql> flush privileges;
Query OK, 0 rows affected ....
mysql> \q
Bye

インストール

cd /usr/local/src
git clone http://git.momo-i.org/git/cacti-ja.git
cp -r cacti-ja /usr/local/apache2/htdocs/cacti
chown -R apache. /usr/local/apache2/htdocs/cacti
cd /usr/local/apache2/htdocs/cacti
/usr/local/mysql/bin/mysql -u cactiuser -p cacti < cacti.sql

設定

cd /usr/local/apache2/htdocs/cacti/include/
vi config_settings.php
 
$database_type = "mysql";
$database_default = "cacti";
$database_hostname = "localhost";
$database_username = "cactiuser";
$database_password = "cactiuser";
$database_port = "3306";
↓
$database_type = "mysql";
$database_default = "cacti";
$database_hostname = "localhost";
$database_username = "cactiuser";
$database_password = "password";
$database_port = "3306";

後はhttp://localhost/cacti/にアクセスをするとインストールがはじまります。

インストールが終わったらCronに以下を設定して、自動的にデータを集めるようにしておきます。

*/5 * * * * /usr/local/bin/php /usr/local/cacti/poller.php >/dev/null 2>&1

応用編

SquidのFDとキャッシュヒット率をゲット
http://forums.cacti.net/about3158.htmlを参考に
中に付属のREADME.txtを参考にするといいですが、Squidのsnmpポートが
デフォルトで3401なので、うまく変更させます。

うちの環境だけかもしれませんが(※)、そのままでは利用できませんでした。
現在勝手に改造して読み込めるようにしています。
とりあえず変更点としては

※ テンプレートを読み込むとなぜか がpath_cactiになってしまい
スクリプトが動かない

cd /usr/local/src
wget 'http://forums.cacti.net/download.php?id=79'
unzip SquidStats-0.1.zip
cp webcache_squid_core.xml webcache_squid_median.xml /usr/local/cacti/resource/snmp_queries

次にWebコンソールのImport Templatesからcacti_host_template_webcache_squid_server_snmp.xmlを
読み込ませます。

Squid

/usr/local/squid/etc/squid.conf

acl snmppublic snmp_community コミュニティ名
snmp_port お好みに(デフォルトは3401)
snmp_access allow snmppublic localhost
snmp_access deny all

snmpd

/etc/snmp/snmpd.conf

proxy -v 1 -c コミュニティ名 localhost:(Squidで設定したsnmpのポート) .1.3.6.1.4.1.3495.1

これでSquidのグラフが出来上がるはずです。

コメント

yumでcacti 0.8.8cとプラグインをインストールしました。非常に簡単に構築できて助かりました。ありがとうございます!
1つ質問ですが、デバイスの画面などからSNMPで監視対象サーバーの情報は取得できるのですが、ステータスが不明(Unkwon)になったままです。自ホストも不明のままなのですが、どこがおかしいのか判断がつきません。お忙しいところ恐れ入りますが、アドバイスを頂けると幸いですl。よろしくお願いいたします。

Console -> デバイス で表示される一覧の「状態」がUnknownという前提ですが、rpmインストール時はcronは無効になっているので、/etc/cron.d/cacti をエディタで開いて先頭の#を消してみてください。

ご指摘の通りでした。正常に取得できるようになりました。pollerがspineの時は関係ないのかと勝手に思い込んでいました。非常に助かりました!
amazonで何か買っておきます!

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
また変更しました
Fill in the blank.