PuTTYでSSH

サーバー運用がかなり厳しいので寄付をしてくれる人がいたらこちら
メインPCもボロボロになってきたので、ついにほしいものリスト公開

Windows用のTelnetクライアントといえばTeraTermが有名ですが、SSH2接続はデフォルトのTTSSHだとできないんですね。
最新のTeraTermではssh2もUTF8も対応していますが、ここではPuTTYを使います。

そこでPuTTY(パティ)という海外製のTelnet+SSH用クライアントソフトを使って
SSH2接続を行います。

PuTTYのダウンロード
公式HPはこちらになりますが、
デフォルトだと英語なので日本語化したものが
こちらにありますので今回はこれを使います。

編集時の最新バージョンは0.60になります。
それ未満のバージョンにはセキュリティホールが見つかっていますので、
必ず最新版を使用するようにしましょう。
さらにいろんなパッチを入れたごった煮版があったので、それをつかうまs
http://yebisuya.dip.jp/yeblog/

日本語化はputty.exeしかされていません。
その他のツールは英語表記ですが、そんなに難しいことはないです。

 

実行ファイル名 説明
putty.exe PuTTYのGUIインタフェース
puttytel.exe PuTTYのSSH機能を取り除いたもの
pscp.exe UNIXライクなコマンドライン用SCPツール
psftp.exe コマンドライン用SFTPツール
plink.exe コマンドライン用PuTTY
pageant.exe ssh-agentみたいなツール

以下編集中

登録したサーバの情報
regedit -> 編集 -> 検索 -> PuTTY
HKEY_USERS\******(数字)\Software\SimonTatham?\PuTTY\Sessions以下にあります。
SimonTathamフォルダをexportしておけばバックアップ完了です。
ごった煮版では設定ファイルをレジストリかiniファイルで選択が可能です。

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
また変更しました
Fill in the blank.