RequestTrackerでトラッキング

サーバー運用がかなり厳しいので寄付をしてくれる人がいたらこちら
メインPCもボロボロになってきたので、ついにほしいものリスト公開

リクエストをトラックするものだそうです
日本語にも対応しているんですが、言い回しがうちレベル+未翻訳多数です。
RT4.0がリリースされたので、後日試してみます。
RT4.0から結構というかかなり変わったようなので、アップグレードする人は注意するといいです

HP: http://www.bestpractical.com/rt/

4.x系

まぁ基本のインストール部分は一緒です。てか自分がわかってないだけでよく見たら手順は一緒でしたよ。

設定部分はまとめたら。。。(4.x系ではmod_perl2を使ってみます)

現状の問題(?)

  1. 相変わらず日本語がおかしいところがある(3.xに比べたらよくなった?)
  2. メールの文字セットをiso-2022-jpにできて日本語メールも問題ないが、
    Content-Transfer-Encodingが8bitで決め打ちされている

3.x系

必須

  • Apache
  • Perl
  • いろいろなPerlモジュール
  • Sql(MySQL、PostgreSQL、Oracle、Informix、SQLite)

オプション

  • FastCGI
  • Speedy

事前準備

mysql -u root -p
mysql> grant all privileges on rt3.* to rt_user@localhost identified by 'rt_pass';
mysql> \q

cd /usr/local/src
wget http://www.fastcgi.com/dist/fcgi-2.4.0.tar.gz
tar zxvf fcgi-2.4.0.tar.gz
cd fcgi-2.4.0
./configure
make
make install

cd /usr/local/src
wget http://www.fastcgi.com/dist/mod_fastcgi-2.4.6.tar.gz
tar zxvf mod_fastcgi-2.4.6.tar.gz
cd mod_fastcgi-2.4.6
cp Makefile.AP2 Makefile
make
/etc/init.d/httpd stop
make install
/etc/init.d/httpd start
perl -MCPAN -e 'install FCGI'
perl -MCPAN -e 'install CGI::Fast'

インストール

cd /usr/local/src
wget http://download.bestpractical.com/pub/rt/release/rt-3.8.10.tar.gz
tar zxvf rt-3.8.10.tar.gz
cd rt-3.8.10
./configure --with-web-user=apache \
--with-web-group=apache \
--with-apachectl=/usr/local/apache/bin/apachectl

make testdeps
~~~snip~~~
users:
rt group (rt3)...found
bin owner (root)...found

○○○...MISSINGがあって
SOMETHING WAS MISSING!と出た場合は以下のコマンドで
自動的にCPANからインストールを試みます。
ただし、モジュールが正常にインストールできるかは別です。

make fixdeps

Everything was found.と表示されたら「make install」でインストール可能です。

デフォルトは「/opt/rt3」にインストールされます。

設定とDB初期化

cd /opt/rt3/etc
cp chown apache *
#これをやらないと権限がないと怒られます
cp RT_SiteConfig.pm RT_SiteConfig.pm.bak
cp RT_Config.pm RT_SiteConfig.pm
vi RT_SiteConfig.pm

#最低限編集する箇所
Set($rtname , "rt.example.org");
Set($Organization , "example.org");
Set($RTAddressRegexp , '^rt\@example\.org$');
Set($CanonicalizeEmailAddressMatch , '@rt\.example\.org$');
Set($CanonicalizeEmailAddressReplace , '@example.org');
Set($WebBaseURL , "http://rt.example.org:$WebPort");

cd /usr/local/src/rt-3.8.10
make initialize-database

パスワードを聞かれるので、MySQLのrootのパスワードを入力します。
ここでエラーが出た場合は設定をみなおしてください。

mkdir /tmp/dynamic
chmod 777 /tmp/dynamic
vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf

LoadModule fastcgi_module modules/mod_fastcgi.so
FastCgiIpcDir /tmp
FastCgiServer /opt/rt3/bin/mason_handler.fcgi -idle-timeout 120
< VirtualHost *:80>
ServerName rt.example.org
DocumentRoot /opt/rt3/share/html
AddDefaultCharset UTF-8
Alias /NoAuth/images/ /opt/rt3/share/html/NoAuth/images/
AddHandler fastcgi-script fcgi
ScriptAlias / /opt/rt3/bin/mason_handler.fcgi/
< /VirtualHost>

これでApacheを再起動したらhttp://rt.example.org/へアクセスをして
ログイン画面が表示されるかを確認しましょう。
デフォルトではIDがrootパスワードはpasswordでログインができます。

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページアドレスとメールアドレスは、自動的にハイパーリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
CAPTCHA
また変更しました
Fill in the blank.